ごく身近な、世の中の進化

   最近、コンビニなどでよく見かけるようになってきた自動レジ。

お金を投入すると、自動で計算されたおつりが出てくるアレです。

お客さん側もお店の方も、手渡した代金とおつりの計算間違いがないので安心してお買い物ができます。

科学の発達って目覚ましいなーと感心しきりです。

 

   もう一つレジの進化と言えば、セルフレジ。

店員さんではなくお客さん自身が機械にバーコードを読み取らせてレジをするという、スーパーでよく使用されているモノ。

お店側としては人件費が節約できるので便利なのでしょうね。

ただ、私はこれが苦手なのです。

二重に読み取られたり、読み取ってくれなかったり、一人であたふたしては最終的に店員さんにお世話になります。

慣れた方にはいいのでしょうが、個人的にはこのタイプのレジ、増えてほしくないなぁと思います。

正直なところ。

まあそんないち個人の感想でレジが変わるわけではないですが。

 

   自動レジにしろセルフレジにしろ、便利は便利ですがお客さんとお店の方とのふれあい (?) というかやりとりが減るのは、昭和生まれには少し寂しい気もします。

しかしおそらく世の中は、そちらへ向かって動いていくんだろうな。

私もそれに慣れていくしかないのでしょう。

…いつか克服してやる、待ってろよ、セルフレジ!

コメントを残す