秋の夜長の過ごし方

   9月に入りましたね。

まだまだ残暑は厳しいものの、暦上はもう秋です。

昔から食欲の秋、読書の秋、運動の秋などと言われますが、私は今年の秋は芸術の秋で行こう!と決めました。

そこでNHK「べっぴんさん」以降人気がある、刺繍をしてみることに。

刺繍にもいろいろ種類があるようですが、やや敷居の低そうなクロスステッチを選択し、通販で簡単なキットを取り寄せ、いざチャレンジ!

…のはずだったのですが。

 

   クロスステッチ以前に、初歩の初歩であるバックステッチでまずつまずく。

刺し始めの糸の始末の仕方がわからず、そこだけでも何回もやり直す羽目に。

ようやく小さな枠を二つ作っただけで、すでに1時間が過ぎていました。

いや、決して嫌いなわけではなく、楽しいんですよ。

楽しいのですが、私が不慣れなせいで非常に作業効率が悪い。

目的のクロスステッチにたどり着くまでにはまだまだかかりそうです。

 

   今までニットをまずまずな数を編んできて、わりと自分は器用なほうだと思っていました。

ところがどっこい、針仕事は畑違いなのか、小学生レベルの不器用さを見事に発揮。

自分がこんなに不器用なんて、ちょっとショックでした。

慢心って怖いですね。

秋はまだ続くので、もう少し頑張ってみたいと思います。

せめてバックステッチからは脱却して、クロスステッチにたどり着きたい。

そこからが本当のスタートです。

皆さまもなんらかの秋、頑張ってくださいね。

コメントを残す