最近の帽子

   ここ2年ほどの傾向ですが、やたら先がとんがってますよね。

秋冬に街を歩くと視界に入る、帽子をかぶっておられる方、結構な確率でとんがり帽なんです。

今の流行りなのでしょう。

でも個人的には、どうもかわいいと思えないんです。

あくまで個人的見解ですよ。

「あの先っぽ、ムダだなぁ…」と思ってしまうんです。

…私、今、かなりの数の方を敵に回しました(笑)?

 

   私の編むニット帽は、ギャラリーの方を見ていただくとわかりますが、ほぼほぼまあるいドーム型。

むしろ後ろが余るくらいたっぷりしたカタチをしています。

ただ単に、後ろがクシュっとなる感じが好きなんですね。

なのでそんなカタチの帽子ばかりを編んでしまいます。

流行にどうしても乗りきれない自分のこだわりが、ギャラリーの充実を阻んでいるのも薄々解ってはいるのですが…。

 

   今はまだお盆シーズン。

ニット帽の需要が本格的になるのは、もう少し先になります。

でも今年も秋冬シーズンが来ると、やはり私は街中を闊歩するとんがり帽にモヤモヤした思いを抱えつつ、自分の作風について悩むことになるのでしょう。

「そのままでもいいんだよ」と誰かが呟いてくれたら、この気持ちは楽になるのかなぁ…。

あるいは自分のポリシーに反して、とんがり帽を編んでみたら。

 

   ニット帽の本格的シーズン、秋が来るまで、もう少し時間はある。

私はもうしばらくこのモヤモヤとつきあっていかなければならないようです。

結果がどうなるか、どうか次の秋冬のギャラリーで見守ってくださいね。

コメントを残す